top of page

雲出古川

●日時 2023年2月9日(木)15時14分~17時15分

●天候 晴れ

●観察場所 雲出古川右岸堤防

●所見

・到着した時点で、木に25羽と川岸に約850羽で総数約875羽のカワウ

総数約875羽

・滞在していた2時間で238羽のカワウが飛来し、主に海から飛来してくるものが多い。またそのうちの約1割は雲出古川以外へ飛んでいった。

◉飛来方向

海から 183/高砂養魚場から 15/上流から 14/南東から1


◉海から来て雲出古川を通り過ぎたカワウ数(飛んで行った方向)

山へ 11/高砂養魚場へ 14


・繁殖羽のカワウが先月よりも明らかに増えており、オスの求愛行動(ディスプレイ※1)をしているカワウの姿も観察できたため、もうすぐ営巣し産卵し始めると思われる。


先月より繁殖羽のカワウが明らかに増えている

ディスプレイをするカワウ

※1 ディスプレイ・・・求愛のため自分をきわだたせる行動。通常はオスがメスに対して行う。ポーズをとったり踊りや動きを見せたりする。


・すでに営巣し始めているカワウが確認できた



・雲出古川の特徴として、他のねぐらやコロニーに比べて幼鳥の割合が多く、また繁殖時期が遅いように感じる。

閲覧数:155回0件のコメント

最新記事

すべて表示

雲出古川

Yorumlar


bottom of page